大進塗料店は「シックハウスを考える会」の山口支部の会員として、皆様の住宅の安全についての研究や活動を行っております。活動を通じて得た知識や対策要素を普段の施工に活かし、かつ皆様の意見や事例を基に協会への活動基盤と問題の提起へと還元し、より良い居住環境の確立を目指して改善へつなげる活動を行っております。
  皆様が安心してすごせる環境を目指す中、現実には環境への配慮が万全ではない業者や、問題として取り上げられていない小さな点も含め、塗料を扱う立場の人間として少しでも多くの諸問題を解決できるよう、これからもペイントの楽しさを伝えつつ、環境問題に対しての前向きな姿勢を取り続けていきます。
  万が一、現在お住まいの住宅や、これからお考えの方の中に、住まいに関して不安や症状が見られる場合は大進までご相談ください。少しでも多くの方に快適に過ごせる環境を提供することができれば幸いです。
 
 
「室内空気汚染が原因で健康障害を起こしている」ことです。
◇ 室内空気の汚染の原因は、主に粒子状物質と化学物質が考えられています。
◇ 粒子状物質は、ダニ、真菌、細菌(生物学的因子)、タバコの煙、ハウスダストなどです。
◇ 化学物質(ホルムアルデヒド・揮発性有機化合物:VolatileOrganicCompounds:VOCs)
  シックハウスの原因として、今もっとも注目を浴びています。
  一番有名なホルムアルデヒドは、建材・内装材、家具などに接着剤、防腐剤として広く使われています。
  VOCはそれ以外に、防虫剤、芳香剤として生活用品として広く使用されています。
◇ これらの有害化学物質は長年に渡り、私達の健康障害をおこします。
  とくに敏感なアレルギー疾患の人や、子供たち、病人、高齢者への影響が心配されています
 
「シックハウス」は1995年に「シックハウスを考える会」代表の上原裕之氏が提唱した言葉です。
◇1979年にデンマークのP・O・ファンガーらが、ビル勤務者の健康障害に着目して
  疫学調査を実施しましたが、この室内空気質と健康障害についての報告から、
  シックビルデイング症候群の用語が使われました。
◇1980年代には米国で患者が多発して社会問題となり、
  ビルに起因する職場の労働環境問題として多くの疫学調査や研究が実施されてきました。
◇ 一方我が国では、1994年に上原(NPOシックハウスを考える会理事長)が、
  自らの経験をもとに、住宅に起因する室内空気汚染という視点から、
  「シックハウス」、「シックハウス症候群」という言葉を提唱したのが語源で、
  今日社会的に広く認知された用語となっています。
 

◇ シックハウス症候群は室内空気汚染が原因で健康障害を起こしているのですが シックハウス (病気の家) になった主な理由は、次の3つの要因です。
◇ 1) 高気密 (設計)
◇ 2 ) 自然換気不足 (設計 住まい方)
◇ 3 ) 化学物質の多用 (設計 住まい方)

◇1973年のオイルショック以後、住宅が省エネルギー設計で、「高気密」になったこと、
  冷暖房を長時間使用する窓を開かない生活習慣によって、「自然換気不足」の状態となり、
  絨毯やカーペット、化学物質を多用」する洋風生活スタイルが
  シックハウス症候群をおこす原因になったと考えられています。

◇最近、一酸化炭素、硫黄酸化物など、既知の室内有害ガス成分に加えて、
  今まで認識されていなかったガス成分として、
  ホルムアルデヒド・揮発性有機化合物が室内空気汚染源として大きく注目されています。
                           以上シックハウスを考える会ホームページより

最近では、室内の家具からのホルムアルデヒドの放散や、パソコンなどのOA機器からの揮発性有機化合物がシックハウスの大きな原因ではないかとの説もあります。室内の湿度と空気の滞留が、原因物質の偏在に繋がり、発症に至るという事例もあります。