2014年05月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
   
  大進日記 
  アート・ペイント日記 
  社長日記 

 
 
 
 
2006年12月 2日 コメント (1) | トラックバック (0)
サーキット雑感
2006年12月

S2000でサーキットを走ると、とても気持ち良い。

何故か? それはこの車の重量バランスに他ならない。 エンジンを完全にフロントの車軸の後ろに押し込んでいて、それより前にあるのはエアクリーナーBOXとラジエターだけである。 後ろもガソリンタンクを車軸の前に押し込んでいる。 ブレーキキャリパーですら、前輪は後ろ側、後輪は前側、フェラーリやポルシェと同様だ。

これはコーナー進入時に如実に効いてくる。 上の写真を見れば判るが非常にキレイな姿勢で進入できる。 ところがランエボなどの前輪車軸前に重量物がある車は、はたで見てると、どっかに吹っ飛んでいっちゃいそうでとってもおっかなそうである。 そこかわり4駆でトラクション抜群で&ターボでパワーがあるから、立ち上がりと直線は敵なしだけど。

MR−2などのFF流用ミッドシップ勢も、はたから見てると怖そうだ。 あれはミッドシップというよりRRに近いんだろうな、オーバーステアに手を焼いているのがよく判る。

FD(RX−7)、ロータリーターボでフロントミッドシップ、これもサーキットではとても早い車なんだけど、2駆FRでターボだからコーナー出口でのスピンが多い。 早いけど腕と度胸がいりそうである。

ロードスター、NAと呼ばれる初期型が早いのが多い、 基本的に軽量なのと、激安の中古だったら、ためらうことなく、容赦なく手を入れることができるからだろうなあ、とっても面白そうだ。

フォーミュラカー、F1とか完全なレーシングマシンは流石です。 エンジンが車の中心ですから。 乗ったことないけどたぶんF1はとっても乗り易いんじゃないかな、乗り易くないとあんなスピードで競争できないよね。